ソーシャルワーカー事務所の長楽庵です

長楽庵(浅沼尚子・太郎)の事業所ブログです

Authur:長楽庵 (id:chorakuan)
長楽庵(浅沼尚子・太郎)の事業所ブログです

お別れがありました

お別れがありました。少人数の参列者で待っているあいだ、故人の思い出を話しました。 ご挨拶に伺うと気持ちがあたたかくなるような、すてきな方でした。 年末に訪問したときは、柔和なお顔で「今日は仕事休み?」と声をかけられ、エプロンを畳んでいました…

「生きづらさ」は一言で説明できない

江ノ電の線路(本文と関係ありません) 先週末はお手伝いしている方の裁判員裁判がありました。 私は証言台に立つと「もっと話したい」と感じます。司法の世界に福祉職が入っていく訳ですから、アウェーの環境で届く言葉を磨きたい。 私は、判決後の生活支援…

「優生手術被害者とともに歩むみやぎの会」による仙台高裁と国への署名活動

Facebookで「優生手術被害者とともに歩むみやぎの会」さんが、署名を呼びかけていることを知りました。2019年5月28日には、私も仙台地裁前で判決を待っていた一人でしたので、すぐに署名しました。 ネット上の署名には、https://www.change.org/でアカウント…

御用聞き 地域包括ケア事例報告会−voice07−に参加しました

2019年11月29日(金)、大手町で行われた事例報告会に参加させてもらいました。 内容は盛りだくさんで、大変勉強になりました。とくに感激したのが、活動の担い手である学生さんの生の声を聴いたことです。 御用聞きさんのサイトには、会話で世の中を豊かに…

「人それぞれ」と「相手を尊重する」のあいだを埋めたい

このブログで「ほんとう」シリーズを書いていますが、講義でも話しました。 社会福祉で「相手を尊重する」ためには、「ほんとう」は誰にも分からないから、相手にとっての「ほんとう」を確かめようといった話です。 私としては、権利擁護、尊厳といった言葉…

「ほんとう」を手放すのは不安ですか、それとも楽になりますか

前回、「ほんとう」が見えないのは専門職も同じと書きました。分からないから良いのです。私にとっては拠り所です。自分が正しくない可能性があるから「相手にとって」を考えることができるし、現実がより良くなっていくと信じています。 問題があるとしたら…

私たち援助者は、いつか「ほんとう」が見えるのか

いらすとやさんに「VRゲーム中に怪我をした人のイラスト」がありました。 「夢かうつつか」と言いますが、誰でも自分が見ている世界が「現実」です。口に出さなくてもそれが当たり前で、いわば世界観となっています。 VRに没頭して、例えばゲームにはまり込…

あの人が住んでいた街を歩く

元の住居に戻れない事情を抱えた人がいます。言うまでもなく、暮らしの中で住まいは大事な要素の一つです。司法手続きでは、被疑者・被告人と呼ばれる立場になりますが、判決後 は生活者として、いずれ地域に戻ります。 「住みたい場所、落ち着く雰囲気」な…

長楽庵セミナー弦#10「犯罪白書を読む〜刑事司法を知る〜」

2019年9月の弦テーマ「障害のある人が刑事裁判の被告人になったとき〜刑事司法を知る〜」に引き続いて、同じテーマで実施します。 10月〜11月は事情によりお休みさせて頂きましたが、再開します。どうぞよろしくお願いいたします。 こちらの犯罪白書を印刷し…

「不足感」から始めない−人を尊重するために自分との接し方を見直したい

いまのままの自分ではダメだと思っている。現状への「危機感」を原動力にしないと、自分は努力しないのではないか。何か目標を決めたところで、結局やらないのではないか。こういった話題から受ける感覚は、馴染み深いものです。 これは「いまの自分」には足…

当事者の体験記に支えてもらう

パートナー(長楽庵・所長)が体調を崩していて、10月21日のセミナー弦は急遽お休みにさせてもらいました。 体調不良のきっかけは、アトピー性皮膚炎の治療で脱ステロイドに踏み切ったことです。これまで経験がないと彼女が言うくらい、しんどいようです。 …

長楽庵セミナー弦 第9回を開催しました「刑事司法を知る」

新しい会場(リゾフィス湘南藤沢さん)で行う、初めての「弦(つる)」です。 当日は、台風の影響が一日中続きましたが、ご参加の皆さまのおかげで、無事に開催出来ました。ありがとうございます。 長楽庵にとってご縁のある千葉県館山市の被災状況が気にかか…

長楽庵セミナー弦#9「障害のある人が刑事裁判の被告人になったとき〜刑事司法を知る〜」

ようやく9月に入りましたね。 先日、仕事帰りに寄り道して山奥の観音様に行きました。おみくじを引いてみたら「なるべく自分の心をやわらかくしてつきあいなさい。次第に運がひらけて幸が増します。」と書いてありました。末吉だけど、いいこと言うなあ。 さ…

事務所の住所が変わりました

2019年8月末まで湘南藤沢インキュベーションセンター内に、事務所の住所を置かせてもらっていました。折に触れて運営のアドバイスをいただき、大変お世話になりました。心より感謝申し上げます。 インキュベーションの言葉通り「卵が孵化」して卒業となり、…

長楽庵セミナー弦#8「成年後見制度を必要とする社会−契約になじまないニーズとの向き合い方」

梅雨の晴れ間は五月晴れ、と桃屋の昔懐かしいCMフレーズが頭を巡ります。いかがお過ごしでしょうか?さて、長楽庵セミナー弦 第8回のご案内です。 テーマは「成年後見制度を必要とする社会」です。成年後見制度利用促進法が制定され、利用促進基本計画が進…

事業紹介の資料(スライド)を作成してもらいました

やままさんのサービス案内 長楽庵の事業所サイト(https://valuingpeople.org/)には「既存の制度を利用しにくい方、お一人おひとりにそった実践」とうたっています。 実は分かりにくいと感じていました。 とくに事業内容が分かりにくい。私たちの考え方とい…

セミナー弦 第7回を開催しました「神奈川の部落史」

2019年6月10日(月)セミナー弦 第7回を開催しました。 テーマは「神奈川の部落史」講師は、神奈川部落史研究会の浅羽 孝政副会長です。 当日資料から一部引用します。 1.部落問題(同和問題)とは・日本国憲法 第14条 ・部落差別の解消の推進に関する法律(…

セミナー弦 第6回を開催しました「精神科の外来診察は何をしているの?〜何をみて、何を聴き、何を伝えているのか〜」

2019年5月13日(月)セミナー弦 第6回を開催しました。テーマは「精神科の外来診察は何をしているの?〜何をみて、何を聴き、何を伝えているのか〜」 講師は、日頃よりお世話になっている精神科医の先生にお願いしました。精神科医、精神科医療、全人的苦痛…

長楽庵セミナー弦(つる)#7「神奈川の部落史−部落の歴史に学ぶ−」

第7回のテーマは「神奈川の部落史」です。 第3回に開催した「戸籍って! なじみがあるようでよく知られていない“その歴史”」に触発されて、もっと学びたいと考えました。 神奈川部落史研究会の浅羽 孝政副会長のお話を通して、部落問題について考える貴重な…

2019年05月28日 仙台で優生保護訴訟の判決をきく

仙台地裁前の報道陣 今週 5月28日(火)仙台地裁で、旧優生保護法による強制不妊手術の司法判断が示されました。 私も同じ場で直接経験したいと思い、出かけました。 先行する仙台で全国初の判決が出るということで、メディアも多数いました。 傍聴券は当た…

ソーシャルワークを問い直す~スーパービジョン基礎講座を終えて

2019年5月10日(金)、神奈川精神保健福祉スーパービジョン研究会主催のスーパービジョン基礎講座が無事終了しました。参加者41名と大勢のソーシャルワーカーの方たちに集まって頂き、熱気あふれる二時間でした。講座を受けて考えたことを、未来のために書き…

長楽庵セミナー弦(つる)第6回のテーマ「精神科にかかる」

2019年5月13日に実施するセミナー弦は、6回目になります。忙しい現場を終えた後、ご参加くださる方々のおかげで続いています。ありがたいです。 前回4月は「東京優生保護訴訟を傍聴して」がテーマでした(少人数でお話したご報告)。次回5月は次の通り予定し…

いまの「当たり前」は、未来の人権侵害にならないか

私たち長楽庵が大事だと考えるのは「当たり前」のことです。 「当たり前」が、いまの社会ですべての人に尊重されている訳ではありません。 たとえば、戸籍があること、選挙権があること、子どもをもつこと(いずれもセミナー弦で取り上げたテーマです)。 行…

ビッグイシューを自然に買いたい

地元の駅を歩いていると、知らないおじさんが「やあ」という感じで手をあげます。 一緒にいたパートナー(尚子)は近づいていき、少し話しています。 ビッグイシューを手に戻ってきた尚子さんに、知っている人?と聞くと、いつもあの人から買っているのだと…

【募集】スーパービジョンを問い直そう!

ソーシャルワーカーが普段の実践を振り返る時間、 「スーパービジョン」に取り組み始めて7年目を迎えました。続けてきて改めて気づいたことがあります。みんなスーパービジョンを行うことに意味があることは知っている。 でも、ソーシャルワーカーにとって、…

本当のレジェンド

先日、精神科ソーシャルワーカー歴60年以上の先生のお話をお伺いしました。一つ一つのお話が、私には歴史上の出来事・登場人物なのに、先生にとっては生き生きとした体験談としてよみがえります。例えば「ジョーンズの治療共同体」。 精神保健福祉の教科書に…

セミナー弦(つる)第5回を開催しました−東京優生保護訴訟を傍聴して

第5回、長楽庵セミナー弦が終わりました。本日のテーマは先月に引き続き「優生思想のいま〜東京優性保護訴訟を傍聴して」です。現在進行中の訴訟について知ると共に、旧優性保護法がどのような経緯を経てきたのか学びました。先月もそうでしたが、知るほどに…

(一社)東京精神保健福祉士協会 主催「今、私たちができる"権利擁護"とは ~旧優生保護法への国家賠償を通し権利の尊重を考える~」に参加して

平成30年度の普及啓発セミナーは、司法と権利擁護の両委員会によるコラボ企画でした。テーマは「今、私ができる“権利擁護”とは」。 私たち一人ひとりがこの日の問いかけを持ち帰り、明日からの実践に活かしたくなる内容でした。 プログラム後半の意見交換で…

旧優生保護法下における強制不妊手術に関するJDFフォーラムに参加しました

優生保護法下の強制不妊手術を考える議員連盟(超党派議員連盟)で事務局長を務める福島みずほ議員 久しぶりに国会議事堂を直接みました。社会科見学ではなく、参議院議員会館で開かれた日本障害フォーラム(JDF)主催の集会に参加しました。 東京優生保護訴…

セミナー弦(つる)第4回を開催しました−優生思想のいま

セミナー弦#4 セミナー弦第4回を開催しました。 今回は長楽庵が発題者となり、テーマは「優生思想のいま〜私たちの考え方を振り返る」としました。 私たちの日常生活にも人権侵害を許してしまう雰囲気があると感じ、共通する点を探したいと思いました。 参加…