ソーシャルワーカー事務所の長楽庵です

長楽庵(浅沼尚子・太郎)の事業所ブログです

Authur:長楽庵 (id:chorakuan)
長楽庵(浅沼尚子・太郎)の事業所ブログです

大切にしたい

「人それぞれ」と「相手を尊重する」のあいだを埋めたい

このブログで「ほんとう」シリーズを書いていますが、講義でも話しました。 社会福祉で「相手を尊重する」ためには、「ほんとう」は誰にも分からないから、相手にとっての「ほんとう」を確かめようといった話です。 私としては、権利擁護、尊厳といった言葉…

「ほんとう」を手放すのは不安ですか、それとも楽になりますか

前回、「ほんとう」が見えないのは専門職も同じと書きました。分からないから良いのです。私にとっては拠り所です。自分が正しくない可能性があるから「相手にとって」を考えることができるし、現実がより良くなっていくと信じています。 問題があるとしたら…

私たち援助者は、いつか「ほんとう」が見えるのか

いらすとやさんに「VRゲーム中に怪我をした人のイラスト」がありました。 「夢かうつつか」と言いますが、誰でも自分が見ている世界が「現実」です。口に出さなくてもそれが当たり前で、いわば世界観となっています。 VRに没頭して、例えばゲームにはまり込…

「不足感」から始めない−人を尊重するために自分との接し方を見直したい

いまのままの自分ではダメだと思っている。現状への「危機感」を原動力にしないと、自分は努力しないのではないか。何か目標を決めたところで、結局やらないのではないか。こういった話題から受ける感覚は、馴染み深いものです。 これは「いまの自分」には足…

当事者の体験記に支えてもらう

パートナー(長楽庵・所長)が体調を崩していて、10月21日のセミナー弦は急遽お休みにさせてもらいました。 体調不良のきっかけは、アトピー性皮膚炎の治療で脱ステロイドに踏み切ったことです。これまで経験がないと彼女が言うくらい、しんどいようです。 …

事業紹介の資料(スライド)を作成してもらいました

やままさんのサービス案内 長楽庵の事業所サイト(https://valuingpeople.org/)には「既存の制度を利用しにくい方、お一人おひとりにそった実践」とうたっています。 実は分かりにくいと感じていました。 とくに事業内容が分かりにくい。私たちの考え方とい…

いまの「当たり前」は、未来の人権侵害にならないか

私たち長楽庵が大事だと考えるのは「当たり前」のことです。 「当たり前」が、いまの社会ですべての人に尊重されている訳ではありません。 たとえば、戸籍があること、選挙権があること、子どもをもつこと(いずれもセミナー弦で取り上げたテーマです)。 行…

「ソーシャルワーカーが独立する選択肢をもつ」私たち事務所の野望です

「福祉職が独立して活動できるような働き方を創りたい」という野望を語ります。 あなたが福祉の相談をしたくなったら、どこに行きますか。役所の窓口でしょうか、ご存知でしたら地域包括支援センターの相談員でしょうか。(まずはお住まいの行政窓口に行くこ…

援助の「必要」はどう決まるのか-福祉事業所での制約と葛藤

前回の続きです。 前回は、事業所のサービスを利用するルールは、とても困っていて、求める声が小さい人の「必要」に応えるためにあると考えました。 自分のおこなう援助が、どんな「必要」に届いているのかを追いかけていると、あつれきが生じることもある…

福祉サービス利用の「ルール」は何のためにあるのか-サービスにつながりにくい人の「必要」と「公平」

すべての子どもと家族が、「公平な環境」で暮らしている訳ではありません。 いまは「公平とは何か」が日常で話題にならないほど、多様化した生活があります。 そこで改めて、援助を必要とする人のことを考えたいと思います。 あなたの勤める事業所には、どん…

自分と同僚・事業所との違いを援助に活かす

前回は自分の軸を見つけるお話でした。今回は軸を見つけることが、援助の仕事にどのように活かせるかを考えます。 私は自分の軸に気づいたことで、2つの違いを意識するようになりました。 同僚(他者)の軸 事業所(所属)の軸 との違いです。 同僚が大切にする…

「自分の軸」を見つけるのには時間がかかる−福祉の仕事で経験したこと−

援助の仕事で何を大切にしたいのか。 私はなかなか分かりませんでした。 「譲れないこと」が自分の中にありそうなのに、それが言えなくてモヤモヤしてしまう。 だから同僚にも伝えることができず、迷惑をかけました。記録を読み返していると、なぜか「引っか…

「必要な人」に援助を届けたい-福祉の仕事をどこでどのように続けるか

ソーシャルワーカーは、所属する事業所のためではなく、援助を必要とする人のためにいる。 こう私がこだわるようになったのは、初めて勤めた社会福祉法人の影響がある。その法人は、重度・重複障害のある人の実践に取り組んできた。 既存の法制度から漏れる…

『数学ガール』に学ぶ 援助者の姿勢

自分の声に耳を傾ける結城浩さんの文章を読んでいます。 どうすれば数学ガールが書けますか(Q&A)| 結城浩 | note 高校生(『数学ガール』シリーズの読者)が、「どうしたら書けるんでしょうか」と質問します。 結城さんは、著者として大切な姿勢を答え…

出会った人に教わった経験を 別の誰かにお返しする−ペイ・イット・フォワード−

実習生の悩みソーシャルワーカー(社会福祉士、精神保健福祉士)の養成課程には、福祉施設等で実習を行うことが定められています。学生は実習生として「何もできない」と感じたり、自分が迷惑をかけているのではないかと悩むときがあります。私は学生と話し…

足りない「かけら」を探しに

「生きにくさ」を感じるときあなたは「自分に価値がない」と話していましたね。あなたがこれまでの出来事を教えてくださり、感謝しています。他人にも近しい人にも認められなかったとき、悔しいのは当然ですよね。お話を伺っていて、私も残念な気持ちになり…

セーフティネットと「私たち」

日本国憲法第25条「生存権の保障」は、社会福祉を学ぶとき初めに教わる内容の一つです。 社会の中でマイノリティ(少数者)の立場に置かれ、 その社会で当たり前とされる生活が送れない時、 国の責任で「最低限度の生活」を保障することを謳っています。この…

当事者のあなたへ

吉田友子著『あなたがあなたであるために』中央法規出版、2005という本から引用します。これまであなたはクリニックや療育センターや通級指導教室などでいろいろなことをアドバイスされてきました。 それは、あなたの感じ方・考え方が間違いだからではありま…

援助者のあなたへ

対人援助の仕事に就く人には、人の役に立ちたいという動機があると思います。 自分がなぜこの仕事を選んだのか、もう覚えていないかもしれません。 思い出せない人も、何かをしたい自分と困っている相手が、どこかでつながる経験があったのだと思います。助…

当事者と援助者(2つの事業)

長楽庵の事業は、大きく分けて2つの柱があります。当事者と援助者のお手伝いです。当事者のお手伝いここでいう当事者(事に当たる者)とは、生活上で何らかの困難をもち、社会的な援助を必要としている人のことです。 その人(あなた)にとっての困難さを見…