ソーシャルワーカー事務所の長楽庵です

長楽庵(浅沼尚子・太郎)の事業所ブログです

Authur:長楽庵 (id:chorakuan)
長楽庵(浅沼尚子・太郎)の事業所ブログです

出会った人に教わった経験を 別の誰かにお返しする−ペイ・イット・フォワード−

実習生の悩み

ソーシャルワーカー(社会福祉士、精神保健福祉士)の養成課程には、福祉施設等で実習を行うことが定められています。

学生は実習生として「何もできない」と感じたり、自分が迷惑をかけているのではないかと悩むときがあります。

私は学生と話していて、出会った人との関係を真摯に考える姿勢が印象に残ります。

たしかに2週間や4週間で、何か実際に出来るようになるのは難しい場合もあります。

ただその時の経験がすぐに実を結ばなくても、いずれお返しする機会があるでしょう。

ご恩返しをする姿勢で教わる

お返しできる相手は、お世話になった人(実習先で出会った利用者)ではないと思いますが、次に出会う人に自分ができる支援をしよう。

そう考えれば、いまの学びに集中できるし、実際にご恩返しをする機会が待っていると思うのです。

就職してから、実習先の指導者・利用者にお礼のご報告ができると、なお良いですね。

ソーシャルな視点

出会った人との二者関係だけでなく、つながりをイメージしてみる。

それが実習生だけでなく、対人支援の仕事を始めた人たちにとっても、支援を豊かにする手助けになれば嬉しいです。

キャサリン・ライアン・ハイドは小説『ペイ・フォワード 可能の王国』を執筆し、2000年には映画化されました。

親切の輪を広げていくソーシャルアクションが描かれています。好きな作品の一つです。