ソーシャルワーカー事務所の長楽庵です

長楽庵(浅沼尚子・太郎)の事業所ブログです

Authur:長楽庵 (id:chorakuan)
長楽庵(浅沼尚子・太郎)の事業所ブログです

自分が使ってきた「物差し」を手放す−心地よいほうを選ぶ

人の優劣をはかる考え方に抵抗があって、「人を大事する」という本質的な部分に焦点をあてたいと思いました。

大胆にも長楽庵は「一人ひとりを大切する社会への変化」の一端を担いたいと思っています。

前回は、相手への姿勢を振り返りました。

もともと絶対的な価値が人に備わっていて、誰かに見出されたり判断されるものではない。

他者の「あるがままの価値」を前提にしているのだから、自分に対しても同じ姿勢でのぞむのが自然なはず。同じ根っこを感じるのに、そうしようとすると難しい。

こんなことを書きました。

人にそうするなら、自分にも同じように……と考えようとしたけれど、自分のときは物差しを替えることに思い当たり、ここを掘ってみないといけない気がしました。

自分だけは別の物差しでみたい。つまり特別な「意味づけ」をしたい。うさんくさいです。この気持ちに目を向けないと、また他者を「評価」したくなってしまうのではないか。

自分がどんな物差しを使っているかを確かめて、人にも同じようにしているか。順番をかえて考えてみます。

私の考えに、彼と「地続き」なところがあるのか

相模原事件から引っかかっているのは、そこに「共通する発想」があるとしたら(大変認めにくいですが)、それは何かということです。

なぜ「彼」は人の価値が「ない」と線引きするようになったのか、誰しも感じたことだろうと思います。では、そもそも人の価値をはかろうとしてこなかったか、今度は自分に問いかけます。

  • 誰かを評価すること(あの人は感じが良いとか苦手なタイプとか)は、良くも悪くも私に染みついた感覚だ。
  • 値踏みするような「嫌な感情」がわくこともある。
  • でも、こういったことを考えないときがある。それは「相手の役に立ちたい」と援助に夢中になっている場面だ。
  • こういうときは、優劣などを見ようとしていない、ただその人を応援したくなっている。
  • 相手に「もっと自分を大切にしてほしい」と感じることもあるが、それは非難したいのではなく、ただその価値を感じているから。「あなたはあなた自身の価値を感じないのか」と思う。
  • このときの感情は(表現しにくいが)、余計な考えがよぎらず心地よい状態。

人の言動に「意味」をつけてしまうと、私は気持ちがザワついてきます。そして疲れます。

一方で「評価」などしないときには、曇りのない気持ちで実践に集中しているのではないかと思いました。

「地続き」だとしたら、それは「物差し」を使うこと自体にあると考えるようになりました。

「物差し」を使わない

すべての人に価値がある。優劣を判断されるものではなく、ただ「ある」。

この考えを実践にうつすとき、私には二つの選択肢があります。

  • 相変わらず「ザワつく」ほうか、心地よいほうか

私は「物差し」を使うことをやめ、心地よいほうを選ぶことにします。

そのために日常で自分がまた使っているなと自覚することから始めています。「意味づけを手放す」練習は続きますが、人と比べないのは穏やかで楽しいです。

自他ともに「心地よさ」が広がっていくといいなと願っています。

 

倉園佳三さんの新刊が出ました

ご縁があって倉園佳三さんのパーソナルセッションを受けることができ、考えていることを書きました。

倉園さんのご著書に、エッセンスが詰まっています。

ぜひ「心地よさ」を皆さんにも実感して頂きたいです。

【★予約特典あり★】グッドバイブス  ご機嫌な仕事

【★予約特典あり★】グッドバイブス ご機嫌な仕事